疫病と祭り文化①

いいね 気に入ったらいいね!してね!
読み込み中...

今年もあしがら文化財講座を開催します

この足柄地域は平安時代から交通の要として、そして西関東の文化の要として発展してきました。

160年前に富士山の爆発による大規模な災害と酒匂川の氾濫、そして疫病の蔓延によってこの地域も大変な危機におちいりました。

その時期に、南足柄を中心とする足柄地域の人々が立ち上がり、民衆の力を結集し「山車」を各地で造り上げ、祭りを行い心を一つにして、その難局を乗り切ったのです。

私たちは、いま、新型コロナウイルスの蔓延など様々な困難のまっただ中にいます。そんな時代だからこそ、今一度、「山車」「足柄ばやし」「ささら踊り」など、この地域の祭り文化を振り返ることで、この時代を皆で結束して乗り越えるヒントを得られればと考えています。

第一回 9月20日(日)   場所 南足柄市女性センター

疫病と祭り文化①  あしがらの歴史と事件

申込は  h-aoki@bioplus-japan.com までお願いします

  • コメント: 0

関連記事

  1. あしがら文化財講座2021 第二回 最乗寺の参道に隠された文化遺産

  2. あしがら文化財講座 疫病と祭り文化④ 山車屋台に込めた思い

  3. 南足柄の文化と地学的ドラマを巡る講座 「水の巻」

  4. あしがら文化財講座2021 第一回 南足柄の街道と文化財

  5. 南足柄の文化と地学的ドラマを巡る講座 「地の巻」

  6. あしがら文化財講座  疫病と祭り文化① 山車屋台と祭りの歴史

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。